手帳の湖

手帳にまつわる自省録

システム手帳

黄金比

安定した美感を与えるという黄金比。システムダイアリー(SD手帳)のリフィルはこの”黄金比”だそうだ。黄金比の詳しい解説はさておきなのだが、おそらくというかたぶんというかこの黄金比が使いやすさに繋がっているんじゃないかなーと思っている。毎日繰り…

上、前、後

今日は短めのエントリー。 写真はシステムダイアリーのSDハイラインバインダーを真上から、前から、後ろから見たところ。インスタ投稿やブログの更新など、自己満足のために(手帳が趣味だからね)毎日手帳の写真を似たような角度で変わり映えしないけれど撮っ…

SD手帳の湖

Google先生、見てますか? 繰り返しこのブログでは「システムダイアリー (SD手帳)」について触れているのだけど、その中で「ストイックな手帳」というエントリーが先生の目に留まった様子。(本日時点) これってどういう基準なんだろうな。他にもたくさん…

ウィークリーページの入れ替え

6月になったので手帳のウィークリーページの入れ替えをした。 システム手帳のウィークリーページには“どれぐらい挟んでおくのか”問題がある。極端な話1年分12カ月全部挟む選択肢もあるし、リングサイズがデカイ手帳ならば前年度分を綴じることだってできなく…

革手帳のリング跡

革のシステム手帳を使っていて経年変化で気になることのひとつがリング跡。革の表面に浮かんでくるリングのカタチ。これがどうしても嫌だという人は多い。僕もそうだ(った。過去形。) リングがあたる部分が凸凹に。 世の中にあるシステム手帳の中にはこれを…

手帳の眺め

手帳の使い方としては実用手帳〜スケジュール管理やメモ、仕事もプライベートも一冊で管理〜といった質実剛健な感じなのだが、そこに“手帳好き・文具が趣味”というのが加わって、使っている手帳を愛でまくるといった行動がついて回る。手帳や文具が好き!と…

週末の儀式

週末の手帳の儀式。革手帳のメンテナンスは毎週末にブラシで汚れを落とし、乾いたクロスで拭く。オイルを塗るのは月イチ程度。 そしてもうひとつ。ウィークリーページの端を切り取って、翌週に備える。なんてことのない作業ではあるけれど、1週間が終わった…

SYSTEM DIAGRAM(SD手帳)

昨日のブログの最後にチラリと書いたSYSTEM DIAGRAM、正式名称は「<B-5>ビニールダイアグラム」というようだけれど、表紙に「SYSTEM DIAGRAM」と印字されているのでSYSTEM DIAGRAMと呼んでいる。写真の右側の超薄型のバインダー。システムダイアリーのプ…

SIRUHA手帳

SIRUHA手帳という手帳がある。 有名ブランドの手帳ではないけれど、コンパクトで使いやすいmini6サイズ、ポケットサイズのミニシステム手帳だ。僕はこの手帳そのものは持っていないのだが、今日はこの手帳にまつわる話を書きたい。 www.siruha.shop 綴じ手帳…

SD手帳カバー(BP-500)

<BP-500>SDハイライン牛革製バインダー、というのが正式名称のようだけれど、 僕が使っているシステムダイアリー のうち、メインで使っているのがこのBP-500。SIRUHAとのコラボモデルのバインダー。 "オンライン限定、最高級バインダーイタリア・ワルピエ…

革手帳のお手入れ

今週のお題「買いそろえたもの」 革の手帳を使っているとぶち当たるのが「お手入れどうするの」問題。革製品のメンテナンスって好きな人は好きだし、苦手な人はめんどくさい以外のナニモノでもない。僕はどちらかと言うと後者の方で、少年野球時代のグローブ…

SD手帳(システムダイアリー)

今週のお題「わたしのコレクション」 手元には今まで買い漁ってきた手帳達がたくさんあり、はてなブログの今週のお題にあわせていくつか紹介してきた。綴じ手帳はその年を越してしまうと本来の手帳の役割としては機能しないけれど、システム手帳はリフィルさ…

fILOFAX Pocket Sandhurst

今週のお題「わたしのコレクション」 ------------------------------------------ システム手帳と言えばfILOFAXでしょう、と言うことで気持ちがすっかりシステム手帳回帰路線になったときに手に入れたミニ6の手帳がこのfILOFAX Pocket Sandhurst。1999年発…

筆記面積

現時点で理想とする手帳は小型のシステム手帳で、サイズが150mm×100mm×20mm以内におさまる手帳がストライクゾーンだ。たまにボール球も振ってしまいたくなるが、あくまで現時点ではこのサイズ内が理想で、検討を重ねた結果、システムダイアリー(SD手帳)を選…

掌サイズの手帳

僕にとっての理想の手帳の大きさは、掌サイズの小型手帳。何度も同じことを書いている気がするが、というか書いている自覚があるのだが、ぐるぐる回っていつも小型手帳に行き着く。 小型といっても色々なサイズがあるが、わかりやすく言うと文庫本サイズ。 …

fILOFAX Winchester

fILOFAX Winchester(ファイロファクス ウィンチェスター)はおそらく日本で一番憧れられているfILOFAXのモデルだ。The システム手帳。 このウィンチェスターが日本で発売されたのは1984年。これがシステム手帳の大ブームの火付け役となった。日本に初めても…