手帳の湖

手帳にまつわる自省録

使い慣れたSD手帳

使い慣れた手帳というものは、こんない使いやすいものなのか。このブログ的には原点回帰とも言えるSD手帳の復活。といってもほんの2ヶ月ぐらいまったく使ってなかっただけなんだけども。このブログでメイン手帳選びについて何回もぐるぐると迷っているさまを繰り返し書いてきたが・・・2021年から丸2年はほぼSD手帳だけを使う日々を過ごしてきた。2023年からはいろいろと手帳選びに迷いが生じ、綴じ手帳への回帰を検討し、2024年についにSD手帳から綴じ手帳へ・・・こんな流れでエルメスのヴィジョンをメイン手帳として過ごしている。いや過ごして”いた”が正しいか。いったんSD復活、である。

僕の中ではこの小型システム手帳である”SD(システムダイアリー)”が過去最高に使い勝手がよい手帳だと判定していたのだが、未だ見ぬよき手帳を探してみたい欲求には抗えない。それが手帳病なのだ。そんなこんなで特に2023年〜2024年にかけて様々な手帳にアタックしてみている。このブログで全て紹介しきれていない気もするが、とにかく試してみている。

f:id:diarylake:20240413172829j:image

システムダイアリー。

f:id:diarylake:20240413172710j:image

この8つのリングがアイデンティティ。手のひらに収まるバインダーとそれに近いサイズのリフィルが特徴。

そうやって色々試してみても”いざとなったらSDがあるや”と心の中のどこかで思ってしまうので思い切ってSDを封印していたけれど、実際手に取るとやっぱり使いやすい。手帳ブログ的にはいろんな手帳をとっかえひっかえ使ってみてその使い心地を書いた方が面白いかもしれないしネタにも困りにくいとは思うんだけど、メイン手帳をSDに戻す方がいいのかもしれない。他の手帳を使ってみた上でのSDの良さ再発見。そんな感覚でいる。

SDというか小型システム手帳の使い勝手が染み付いていたのだと気付かされたんだけれど、素晴らしいのはやはりその分類力。メモやToDo、仕事とプライベートなど分けて管理したい場合はシステム手帳のほうが何かと便利だ。綴じ手帳に戻すときは「そんなに分類しなくても大丈夫!」と思っていて実際そこまで不便を感じていなかったのだけれど、逆にシステム手帳を使って「なにこれ便利!」と再評価。これは頻繁にリフィルを入れ替えたりしなければならない煩雑さとトレードオフなので難しいところだけれど、確かにメモは取りやすいな。

みたいな感じで今日1日SDを復活させて使ってみてつらつらと思ったことを書いてみた。当面いくつかの手帳の情報を同期とりながら使っていくつもりだけど、使い方的にはSDに戻すのが一番かもなー。ちょっとこれはわかんないな。

未だ見ぬミニ6手帳に手を出すかもしれないし。(←え?)

ただいま、SD

迷走している手帳選び。迷走するついでに一旦封印しているSD手帳を引っ張り出してきた。1月の末からメイン手帳をエルメスアジャンダヴィジョンに変えた時に、SDは仕舞い込んでそのまま引っ越しやらなんやらで段ボール箱に入れたまま屋根裏部屋行きにしていたのだ。目の届くとこに置かない方が新しい手帳運用が固まりそうな気がして。

エルメスヴィジョンは気に入って使っているが能率手帳ゴールドやTNPに目移りしているのも事実で”終の手帳”選びは混迷を極めている。とっかえひっかえ手帳を楽しんでいるのだ。

f:id:diarylake:20240412200345j:image

久々のSD手帳(システムダイアリー)。

丸2ヶ月ぶりのSD手帳だが、正直使いやすい。やっぱこれだわーもう手帳これでいいわー、というぐらい自分に馴染んでいる。3年ぐらい他の手帳に心移りせずに(いや、してたか)使っていただけのことはある。180度開いてその状態を維持してくれることの重要度を再確認できた。エルメスヴィジョンもTNPもそこがネックといえばネックなのだ。プチストレスが積りに積もるパターン。でもヴィジョンもTNPもそれぞれの良いポイントはあるしSDがすべての点においてダントツでいい!というわけでもないのは事実。まぁそうじゃないとずっとSDだけ使い続けてるだろうし。SDにだって不満な点があったのでヴィジョンに変えているわけだし。というかシステム手帳のそもそもの”リフィルを定期的に入れ替える運用の面倒さ”になんか引っかかる気持ちになることがあるのだ。そもそも論だけれども。

SDからヴィジョンに鞍替えしたのはヴィジョンに憧れていたから、という理由もあるしシステム手帳から綴じ手帳に戻ってみたかった、というのもある。SD手帳にすっかり飽きてしまったとか使いにくくなって嫌になったとかいう理由ではなかったので逆にヴィジョンが嫌になったら戻ってくるかもなと思っていた。

「ただいま、SD」というタイトルで書いているが、今日以降SD手帳をメインで使い続けるかどうかはわからない。ヴィジョンだって気に入っているからだ。ピッグスキンのヴィジョン、いいんだよなぁー。そんなこんなで当面、以下の手帳を行ったり来たりするだろう。

・SD手帳

エルメスアジャンダヴィジョン

能率手帳ゴールド

トラベラーズノートパスポートサイズ(TNP)

でも、でも、やっぱりいいぞSD手帳。

迷走する手帳ライフ

2024年は昨年にも増して、手帳活用は迷走状態である。なにせ、数年愛用していたSD手帳から離れ、エルメスヴィジョンに鞍替えしたものの、トラベラーズノートパスポートサイズ(TNP)にも手を出しているし、Noltyライツメモとイルビゾンテのカバー、ほぼ日手帳だって2024年版を購入した。そして、写真にある能率手帳ゴールドである。

f:id:diarylake:20240411203942j:image

ENVELOPE,能率手帳ゴールド,LAMY2000.

買った手帳全てに役割を与えて使い分けるのであればまだしも、僕の手帳の使い方は一冊使い。たったひとつの手帳を選ぶために買いすぎた。いやわかっているのだけど、どれも試してみたくなる。手帳選びの迷走状態にすっかり開き直っている。

とりあえず今日現在は機嫌良くTNPを使っているが、きっとそのうち能率手帳ゴールド経由でエルメスビジョンに戻り、最終的にはSDに戻るという道を辿りそうな気もしなくもない。わかんないけど。とりあえず言えるのは手帳万歳!である。

SEED HYPER Gold

TNP(トラベラーズノートパスポートサイズ)を使い始めて、相棒であるペンを鉛筆に変えた。パーフェクトペンシルとLAMY cp1とLAMY2000のメカニカルペンシル(つまりシャーペン)を使い比べているのだけれど、消しゴムが少々心許ないので新たに購入した。値札を見ずにレジに持って行きその価格にビビった消しゴム、SEED HYPER Gold。ジャケ買い

f:id:diarylake:20240409154451j:image

ケース部分がゴールド。

f:id:diarylake:20240409154522j:image

ジャケ買い(?)した箱。なんかかっこいい。消しゴム買うのが久しぶりすぎて、なんとなくう買うのが楽しい。そうそう、サラッと書いたけどLAMY2000のメカニカルペンシルも手に入れているのでそのうち紹介したい。

肝心の使い心地は、とてもよい。

映えない日常

毎日毎日ブログを更新しているが、そんなに毎日変わるがわるネタがあるわけもなく、似たような投稿が続いたり、過去のエントリーを引っ張り出してきて蒸し返したりしながら毎日繋いでいっている。そこまでして毎日更新にこだわっているわけでもないけれど、更新を途切れさせてしまったら続かなくなっちゃうんじゃないかという気持ちもある。そんなことを考えながらも、今日もこうしてブログを書いているのだ。

f:id:diarylake:20240409204042j:image

インスタやYoutubeで見る手帳ユーザーの投稿はとてもキラキラしていて羨ましさを感じたりもするけれど・・・いやちょっと待てよ、もしかしたら他人からしたら僕のこのブログさえも充実した手帳ライフを満喫しているシニアのキラキラしたおじさんに見えるのかもしれない。・・・キラキラしたおじさんてなに?

ま、それなりに充実したライフを送っていると自分でも思いたいが、決して”映える日常”を送っているわけではない。こういったブログにおいても僕の日常のほんの一部を切り取って紹介しているだけなのだ。実際は闘病もしているし、仕事上の悩みや家族関係の悩み事だってある。そこまで深刻でないものばかりではあるけれど。日常を全て見せているわけではなく、僕が自分で見せたいものだけをコントロールして見せているのだ。その割にはさほど映えてる投稿内容ではないけど。

それからするとキラキラしていたりイケイケだったりするSNSの投稿内容も、実際は見せていないあまり映えないフツーの日常のほうがウェイトは大きく、数少ない輝かしい部分だけを切り抜いて紹介しているだけなのかもしれない。

日常生活していて昔よりも多くの情報が入ってくるようになってより他人と比べやすくなってきた。優越感を感じることもあるだろうし嫉妬に明け暮れることもあるかもしれない。でも、羨ましい他人の生活もほんの一部のキラキラをクローズアップした箇所だけを見せてもらっているのだ、と思えばいいのかもしれない。

なので毎日手帳や文具に囲まれて素敵な日常にいるような僕の日常も別にそんなこともなく、日々映えない日常を送っているのだ。

サラリーマンの日常なんて映える要素も少なくて・・・平日は自宅と会社の往復。そんなもんだ。そんな中でささやかな趣味として(ささやかでない出費とも言えるが)の手帳・文具蒐集という嗜みなのだ。

トラベラーズノートパスポートサイズ

初めて購入したトラベラーズノートパスポートサイズ(以下TNP)。海外ユーザーも多い超人気手帳のパスポートサイズ版なのだけれど、かれこれ10年は購入検討リストに入れたまま、見送り続けてきた手帳だ。

見送り続けてきたが、ようやく手に入れるに至った。選ばない選択を選び続けすぎて今更買うかね?と自問したが、”ラフに扱える手帳”の候補として再評価した結果、やっぱり試してみよう!と思い至り、手に入れることになったのだ。

f:id:diarylake:20240407234131j:image

トラベラーズノートパスポートサイズ。カラーはブラウン。

相棒はひとまずファーバーカステルパーフェクトペンシル。TNPの本体カラーはブラウンかブラックかキャメルかの3色で迷いに迷って結果的にブラウンを選択。ブラックが好きなはずなんだけど最近はやっぱりブラウンを選ぶ傾向にあるな。そういえば昔、僕の記憶が確かなら2006年にトラベラーズノートレギュラーサイズが発売になってすぐに手に入れた時もブラウンを買ったのだった。あれから20年近く経ってようやくTNPを手に入れたことになる。TNRが発売になってからもうそんなに経つのか。時が流れるのは本当に早い。

f:id:diarylake:20240407234227j:image

180度開いた状態をキープできない弱点に対応するためのブラスクリップも一緒に購入。これが思いのほかよい。

f:id:diarylake:20240407234235j:image

LAMY cp1をセットしたところ。これも細身のペンなので相性割といいぞ。

連結ゴムバンドを駆使して最高4冊までセットできるみたいだけれどかなり分厚くなるのでとりあえずは3冊セットから始めた。マンスリー、ウィークリー、無地、の3冊。あ、ジッパーリフィルも入れると4つか。とりあえずこの構成でスタートするけど構成は変更するかもしれない。他にもリフィルやチャームなど豊富になるので色々試したい。

1日使ってみた感想としては「これはかなりラフに扱える」「使い心地としては開きっぱなしにできない点を除くとかなりよい」だ。開きっぱなし問題はブラスクリップでフォローできるので総合的になかなかよい。革の感触はまだ慣れないが、これは経年変化で向上していく部分なので今後に期待。そしてなによりも革のキズを気にしないで使えることのストレスフリーさよ。わかっていたことだけれど、自覚していた以上に僕にとっては重要なポイントだったようだ。

愛着が湧くようにカスタマイズしよう。

 

パーフェクトペンシル再び

ファーバーカステルパーフェクトペンシルは僕が持っている鉛筆のNo.1。といってもあまり鉛筆を持っているわけではないけれど。パーフェクトペンシルは鉛筆の芯、消しゴム、そして鉛筆削りまでがセットになっているのでこれ一本持っておけばOK、という優れたアイテムだ。ゆえにパーフェクト。僕が持っているのは9000番鉛筆の廉価版。リアルな知人にもおすすめすることのある、僕にとって珍しい部類の文具のひとつだ。

TNP(トラベラーズノートパスポート)を使うにあたり、どうせラフに使うなら、鉛筆と組み合わせて使うのもいいかもなと思いついた。今使っているパーフェクトペンシルがかなりボロボロなのでまだ使えるものの少々心もとないので予備の鉛筆を追加購入。ファーバーカステルの9000番。パーフェクトペンシル用の鉛筆は通常盤よりも短く、消しゴムが付いている。”B”となっているが実際のところHBぐらいの感覚で薄く硬め。本当は2Bぐらいが好みなんだけど、選択肢がない。まぁカリカリサラサラと書き心地は悪くない。何しろインク切れやペン先の故障の心配がないので持ち歩いて安心だ。

f:id:diarylake:20240407143859j:imagef:id:diarylake:20240407143902j:image

f:id:diarylake:20240407145623j:image

TNPに装着してみた。うん、割とあうぞ。

このTNP、メイン手帳に昇格させるかどうかはまったくわからないけれど、ハマるかどうか。一旦使ってみる。つまりエルメスヴィジョンはちょいとお休みだ。

そして、パーフェクトペンシルもメイン使いとするかは決めてないけれど、安心感のある文具だし、出番は増えるかもしれない。

diarylake.hatenadiary.com

diarylake.hatenadiary.com

diarylake.hatenadiary.com