手帳の湖

手帳にまつわる自省録

漆喰のような

ブッテーロレザーの質感が好きでいつも手帳を撫で回しているのだが、なんとなくこの(肌触りではなく)質感が漆喰のようだと思った。

f:id:diarylake:20220727125231j:image

f:id:diarylake:20220727125108j:image
f:id:diarylake:20220727125105j:image

伝わるかなこの感覚。

特にオチもない短めのエントリーなのだが、この絶妙なボコボコというかザラザラというか荒い感じの質感がなんとも言えず好き。購入当初はマット質感だったものが使い込むうちにいつの間にか漆喰のような(と勝手に思ってる)質感に変化している。使い始めよりも今の雰囲気が断然好きなのでこの状態が永く続けばいいな、と思う。手帳を眺め、触り、撫で回してウットリ恍惚の表情を浮かべるなんてかなりやばい人なので家でのみ行うようにしている。実際恍惚の表情は浮かべないけどニンマリはする。