手帳の湖

手帳にまつわる自省録

スタンダードバインダー(SD手帳)

システムダイアリー(SD手帳)を使う検討を始めた時に一番最初に選んだのがバインダー。あまり種類はなく選択肢は限られるが“お試し”で始めてみるならスタンダードバインダーが比較的リーズナブルでよい。

システムダイアリーにはリングサイズが2種類あって、通常タイプと幅広タイプがある。通常タイプだと普通紙を約110枚収納、幅広リングだと約180枚収容可能だ。

僕は通常タイプのバインダーしか持っていないので幅広バインダーの収納力を体感したことはないのだが、通常の110枚収納で不足を感じたことはない。

幅広バインダーだと本体に厚みが出るだけではなく幅もワイドになり、リフィルとの幅の差が出るらしい。せっかくの綴じ手帳に近い“束感”が消えてしまいそうなので手に入れるのを躊躇したままだ。

f:id:diarylake:20220218091105j:image

正面。シンプルにSDのロゴのみ。

マット調仕上げのビニール製バインダー。スクラッチフリー加工でキズが付きにくい。

f:id:diarylake:20220218091120j:image

開いたところ。

リフィル挟むとちゃんとフラットに開く。ポケット付きで名刺とか入れておける。

f:id:diarylake:20220218091132j:image

背面。

バックはシンプルになにもなし。

W 97×H145×D18mm

色はブラック、ダークブラウン、ボルドーの3色展開。

SIRUHAモデルのバインダーを使い始めてから出番はほぼないが、実はとても使い心地がよくて、SIRUHAよりも高さが5mm、幅が2mm小さいのでリフィル との差がより少ない。時々リフィルを入れ替えて使ってみたりしている。けっこう好き。

このブログを見てちょっとシステムダイアリーを試してみようかなと思った方はこのバインダーから始めてみることをお勧めする。他のバインダーけっこう高いので。